アレクスと影護兄弟の徒然日記

無限のファンタジアに参加しているアレクス・フォスター、並びにシルバーレインに参加している影護・刀真、刀夜のプレイ日記と背後の人の日記を書くブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

依頼「素足巡り」に返却

正直、やばかったかもしれん。
何とか成功したけど、一つ間違えてたら失敗してたかもな。
リリス依頼は難しいぜ。
とはいえ参加者の方々はお疲れ様でした。
執筆していただいたMSさんには感謝を。


リリスは気のないように、そこそこの狼狽しか見せなかった。彼女はもしかすると、達也以外の能力者をも杜で見掛けたのかもしれない、杜の仕掛けを感付いていたのかもしれない。ガストンは己の扮装を「誰にも怪しまれない」と称したがそれは焦点がずれている、少なくともリリスは、杜に人影があると知っただけで面倒をおぼえたろう。彼女が行おうとしていたのは、誰にも知られない殺しだ。しかし、彼女はここへ来た――天井知らずの丁半博打を覚悟の上で。
 リリスは爪月の笑みを闇に焼き付け、その場からの離脱をはかる。キッカはココに足留めを願う。
「お願い、哀れな魂はここで浄化しておかなくてはいけないの!」
 だいじょうぶ、知られただけだから。皆で今のうちに、攻め入ってしまえば。天使様が守ってくれる。
 ――けれど、彼等はすぐさま姿をあらわしはしなかった。
 刀真、冬弥、斑は、たしかにあとから尾行していた。尾行――追跡、後を追うこと。跫音すら高く鳴る静謐な杜でそれを成就させるには、3人共の繊細すぎる感覚もあり、随分な間隔を置かなければならなかった。そう、キッカたちの変動に気付いたとして、すぐには追いつけない遠距離を。戦端が切られてから包囲網を敷こうとしたとしたのでは、遅すぎる。囲みたい、と、欲しつつ、彼等はなにも申し合わせていなかったのだ、追尾を先回りに移行するタイミングを。
 彼等が登場するのは、数十秒の後だ。


ここらへんがまずかった点だろうな。
何気に待ち伏せはまずかったようだ。
リリスに気づかれてた模様。
この場合全員で普通に祭り会場を回ってた方がよかったかもしれん。
後、もっと囮がリリスと接触した後のことも話し合っておくべきだったね。
移動ルートはもっと適当でもよかったかもな。
プレでの書き方ももちっと適当で字数減らしても大丈夫だったかも。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは、こちらでは初めまして。
素足巡りではお世話になりました(にこ

依頼、リリスが相手で、成功できただけでも
上々、と私は思います。
もうちょっと話し合うべきだったのは確かですけれど(汗

リプから充分反省して、これからに繋げていきましょう♪

影護さんとご一緒できて良かったです。今はゆっくり休んでくださいね。

綾之瀬キッカ | URL | 2006年11月11日(Sat)13:38 [EDIT]


ども、こっちでは初めまして。
綾之瀬さんもお疲れ様です。
こちらも御世話になりました。

またどこかでお会いした時はよろしくお願いします。

影護刀真 | URL | 2006年11月11日(Sat)19:42 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。